ABOUT FAQ CONTACT OFFICIAL SITE



PATCH MD
PATCH MD
ELEMENTALIST
ELEMENTALIST
SELECT ITEMS
SELECTED
ITEMS


商品検索













貼るサプリ・PatchMD電子カタログ


<当店休業日>

日本時間の日曜日・月曜日。
米国祝祭日、年始、弊社休業日。
詳しくはこちらをご覧下さい。







エレメンタリスト美容豆知識

HOME > 美容豆知識> 外からケア〖原材料〗


コラーゲンとは?


コラーゲンは真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などに存在するタンパク質の一種で、身体を構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内にあるコラーゲンのうち約40%は皮膚に、約20%は骨や軟骨に存在し、その他は血管や内臓など全身に広く存在しています。
コラーゲンにはいくつかの種類があり、皮膚や腱などの主要なコラーゲンはI型、軟骨の主要なコラーゲンはII型と呼ばれています。
エレメンタリストの「マルチアクティブセラム朝・夜用」は加水分解コラーゲンを配合しています。

I型コラーゲン
(線維性コラーゲン)

体内に最も多く存在するコラーゲンです。
骨や皮膚を形成し、弾力性を持たせる働きがあります。

II型コラーゲン
(線維性コラーゲン)

関節・軟骨に主に含まれているコラーゲンです。
眼の角膜、硝子体の成分でもあります。

II型コラーゲン
(線維性コラーゲン)

臓器に主に含まれているコラーゲンです。
細い線維で、組織に柔軟性を与えます。

IV型コラーゲン
(非線維性コラーゲン)

皮膚の表皮と真皮をつなぎとめる役割を持った、基底膜に存在するコラーゲンです。

V型コラーゲン
(線維性コラーゲン)

主に血管、平滑筋、胎盤に含まれています。
I型、III型コラーゲンの含まれている組織に、極少量含まれています。



加水分解コラーゲンとコラーゲンって何が違うの?
加水分解コラーゲンと、通常のコラーゲンの違いを一言で言えば「分子量の大きさの違い」になります。
加水分解コラーゲンの方が分子が細かく お肌への浸透性が上がります
加水分解コラーゲンは「低分子コラーゲン」「コラーゲンペプチド」とも呼ばれています。

細胞をとりまく主役はコラーゲンです
コラーゲンの代謝を高めれば細胞の新陳代謝が活発になり、結果的に全身の新陳代謝が促進されて、いつまでも若々しい健康な身体が保てます。



コラーゲンとお肌
私たちのお肌は真皮の70%ほどがコラーゲンで占められています。コラーゲンは弾力のある線維で真皮内でエラスチンやコラーゲンの中を網目状に並んでいます。
整った肌は規則的にコラーゲンの線が並び、エラスチンがそれをしっかり繋いでいます。
水分をたっぷり含む性質をもつヒアルロン酸は、コラーゲンとエラスチンの間にあり、真皮内の水分をつなぎ止める働きをしています。

コラーゲンと肌


弾力を作るのはコラーゲン
肌を押しても元に戻る、肌の上下の弾力を作るのがコラーゲンです。
コラーゲンとエラスチンの結びつきがしっかりとしていれば、肌は弾力を保つことができます。
しかし、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは、紫外線や加齢の影響で変質したり、量が減少し柔軟性を失っていきます。
紫外線は、たった2分から3分間浴びてしまうだけで、肌の置くのコラーゲンを破壊する酵素が発生するといわれています。(こわいですね….)
多くの人が悩むしわは、乾燥が原因と思っている人も多いのですが、実はそうではなく真皮内のバランスが崩れ、弾力がなくなった肌の状態といえます。
真皮内の構造を建物に例えると、コラーゲンは柱、エラスチンはボルト、ヒアルロン酸はそれらの間を埋める壁です。それぞれが重要な役割を持ちバランスを保っています。
シワの予防には、肌の弾力を保つことが大切です。普段から食生活や日焼け予防など心がけを忘れずに。

キレイに効くコラーゲン
お肌は表皮と真皮で構成されており、表皮が外界の刺激から真皮を守り、真皮層に含まれるコラーゲンが、お肌のハリと弾力を保ちます。UV対策などのケアをしていないお肌は、コラーゲンなどの大切な成分を紫外線から防ぐことが出来ず、表皮まで届いた紫外線はコラーゲンを破壊してしまいます。
また、真皮層のコラーゲンが不足してしまうと、保湿効果が減少し、乾燥によるしわやたるみなどの皮膚トラブルの原因になることから、美肌を保つためには、日々失われるコラーゲンを摂り続けることが大切です。





関連商品